ドライ真空ポンプの市場

近年ではドライ真空ポンプの需要が高まっています。そこで、ドライ真空ポンプの市場や需要が高まる背景などについて紹介します。

ドライ真空ポンプの市場動向

ドライ真空ポンプは半導体産業を中心に高い需要があります。
Gear-Net Japanが2021年7月10日に示したレポートによると、ドライ真空ポンプの市場の収益面では今後5年間で3.1%の年平均成長率(CAGR)が見込まれるとしています。また、世界市場においては2026年までに2億2,183万ドルへ達する見込みとのこと。2020年では1億9,624万ドルですから、ドライ真空ポンプの市場における成長への期待がうかがえます。

なお、真空ポンプの製造においては、日本や欧米エリアのメーカーがほとんどを占めているようです。日本メーカーが海外へも輸出していることから、世界規模におけるドライ真空ポンプの市場で日本が重要な立ち位置にいることがわかるでしょう。

参照元:Gear-Net Japan HP(https://gear-net.com/ニュース/826563/ドライ真空ポンプ市場の生産、販売、消費の状況/)

ドライ真空ポンプの需要が高まっている背景

ドライ真空ポンプの市場における成長が見込まれている理由について、あらゆる産業で幅広い用途に適していることから、将来的にも需要がますます高まっていくことが予想されます。

従来は油を使用しており、完全にクリーンな環境を構築するのが困難でした。とくに半導体の製造においてクリーンな環境は必須のため、油を使用しない真空ポンプは高い需要が得られたのです。ドライ真空ポンプの登場は注目を集め、ウェットからドライへと転換する「ドライ革命」と表現されるほどでした。

ドライ真空ポンプは半導体プロセスや真空蒸留、真空包装、脱ガス、薄膜、真空治金、真空含浸、真空乾燥、宇宙開発などさまざまな用途に適しています。そのため、FPD電子・半導体産業や研究施設、食品業界などから幅広い需要があります。さらに自動車産業や医療機器、分析・計測機器、金属治金産業などでも導入が進んでいるようです。

ただ、ドライ真空ポンプの発売当初は、ドライ真空ポンプが油回転真空ポンプなどに比べて複雑な構造であることから、高価なものとされていました。しかし量産化されたことや技術の発展もあり、現在では導入しやすい価格となっています。また、ドライ真空ポンプは油や液体を使用しないためメンテナンスも容易。そのため、幅広い用途で活用される真空ポンプとなったのです。

真空ポンプの市場傾向

世界の真空ポンプ市場は2020年に51.4億米ドルと評価されており、2026年までには80.1億米ドルにも達成すると予想されています。その予想から分かるように、今後も成長する分野だと分かるでしょう。

主に半導体業界において真空装置の需要増加が見込まれており、装置の注文量アップが期待されています。装置の受注はアジアやヨーロッパで増加傾向にあり、北米では減少傾向にありました。一部のエリアでは減少傾向はありますが、全体的には増加しているエリアが多くなっています。

真空ポンプ市場が全体的に成長し続ける理由として顧客の新しい生産技術への投資です。またもうひとつの成長理由は、ある程度の生産能力への投資によって推進していると考えられています。

関連記事一覧
オイル不使用・幅広く使えるスクロール型
ドライ真空ポンプメーカー3選

▼横にスクロールできます▼

食品製造向け

アネスト岩田の
DVSLシリーズ

DVSLシリーズ

引用元:アネスト岩田公式HP
(https://www.anest-iwata.co.jp/products-and-support/vacuum-equipment/dry-vacuum-pump/dvsl-500e)

  • 排気経路内にベアリングが無いため、密閉性が向上し衛生面も安心
  • 真空状態でのネリが必要な製麺会社の要望に応えた実例あり
半導体製造向け

宇野澤組鐵工所の
KTSシリーズ

KTSシリーズ

引用元:宇野澤組鐵工所公式HP
(https://www.unozawa.co.jp/product/dry/)

  • 到達圧力:≦0.08Paという半導体製造に適した真空状態を実現
    ※KTS030-H(ECOタイプ)最大排気速度:500L/m、到達圧力:≦0.08Pa(2024/5/24時点)
  • スパッタリング装置、イオンプレーティング装置といった薄膜形成プロセスに対応
  • 水蒸気やミストといった小さな水滴もしっかり排出
製薬・化学品製造向け

東製のスクリュー式
ドライ真空ポンプ

スクリュー式ドライ真空ポンプ

引用元:東製HP
(https://www.dryvacuum-pump.com/wp/wp-content/uploads/anestiwata_dvsl-500e_image.png)

  • 化学反応、蒸留操作などに適した環境生成のため、さまざまな圧力領域に対応
  • 接ガス部は耐食性ガス対策のため、特殊コーティングすることにより錆から守る
  • 化学物質や粉塵の発生を考慮し、少ない部品で分解・組立・洗浄が可能
さまざまな真空装置にフィットする スクロール型ドライ真空ポンプのメーカーに注目!

接ガス部だけでなく、各部にギアオイルなども使用していないスクロール型のドライ真空ポンプは、さまざまな使用環境に幅広く対応できるメリットをもっています。
このサイトでは、スクロール型の真空ポンプを扱っているメーカーを、サービスの多様さで比較しています。